マグカップの裏

プログラムとか、思ったこととか、料理とか

電子タバコを試飲してみた話

電子タバコ

試飲っていいのかな。確かたばこは昔は飲むと表現、していたような気がする。 前に書いたことがあったかもしれないけど、私は葉巻を吸う。別に辞めようと思ってニコチン中毒と戦っていたりはしないし、吸えないからといらついたりするほどの中毒にもなっていない。 そもそも中毒になるほど吸えるだけの財力がない。 なので別に禁煙目的ではないのだけど、電子タバコに興味があった。フレーバーがよければ気分良くなるかな、など。

よくある電子タバコ

電子タバコというのは、シーシャ(水タバコ)と良くにている。日本で生産されるものに限って言えば、電子タバコは通常ニコチンは入っていないようだ。というより、禁煙目的で売れているせいかんニコチンがないのがいい、とされている傾向もある気がする。 良くネットなんかで売られている電子タバコは3000円~5000円ほどの本体と、1つ1000円ほどのリキッド。このリキッドというのを本体にいれて、水蒸気として吸うのが電子タバコだ。

結構見た目もかっこいいのでおしゃれアイテムになっている側面もありそうだ。

リキッドというのがこれ。

青リンゴの香りですなあ。なかには見た目が超ジャンキーなものもあったりする。

VP Japanの電子タバコ

私が試飲したのはVP Japanの電子タバコだ。これは本体もリキッドも安心の国産を謳っている。 本体は輸入品が主に取引されていて、これらは強度が弱かったり海外の電圧と日本の電圧が違うせいで壊れたり(寿命が縮むとかいうのも聞いたけど、私は電気回路は弱いのでしらん)する。そしてリキッドについても安全の基準値が日本より低い場合もある。電子タバコはまだ日本に入ってきて間もないものだから、規制や安全基準の制定もあまり整っていないため、この点に不安を覚える消費者を狙ってのことだろう。 少しばかり高いが、一考の余地のある特徴だと思う。

感想だけど、葉巻を吸っている身としては吸ってる感は皆無だった。息を吸ってはいたらなんか水蒸気出てきた、という感じ。でもメンソールはちゃんとメンソールしていたし、気分転換に外の喫煙所にいくとかならいいかもしれない。 僕は常々喫煙者が喫煙が会社に認められたサボりだと思っていたので、吸わない人と明らかな差が出ていることに不満があった。こういうの利用してもいいかもしれない。 ただ喫煙室は、葉巻を吸ってる私でも臭いとおもう(そもそも葉巻は…と言い出すと長いのでやめよう)ので、外の喫煙所じゃないと吸う気にはならないが。

そしてアマゾンで見ていて気づいたのだけど安いスターターキットもあるんだな。こっちから始めてみてもいいかもしれない。

ちなみに、電子タバコはニコチンが含まれていようといまいと紙巻きと同じく成人しか吸ってはならない。これを読んでいる人に未成年がいるかしらないが、酒タバコは20歳になってからにしよう。